【青いレモンの島】岩城島(いわぎじま)に行ってきました それと「よし正」

しまなみ

今日はとある店のオーナー(そのうちブログに登場します。たぶん。笑)と一緒に岩城島に行ってきました。

目的は、柑橘農家さんの見学です。主にレモン。

僕は全然関係ないんですが、なんか面白そうだったのでついていきました。

 

なぜ青いレモンの島なのか

(以下、情報源は現地で聞いた話が大半なので、間違っていたらごめんなさい。ご指摘があればすぐに修正します。)

いわぎレモン公式サイト https://www.aoilemon.com/

青いレモンドットコムという、「青い」部分をおしています。

なんで、そこまで青いのをアピールしているのか。

そもそも岩城島ってどこ?

生口島の隣にあります。

しまなみ海道が通っていないので、船じゃないと行けません。因島からも生口島からも船が出ていますが、生口島から行く方が便数も多いので便利です。

因島も生口島も広島県尾道市なのですが、岩城島は愛媛県今治市上島町(かみじまちょう)にあたります。

隣の、生名島、佐島、弓削島、赤穂根島も全部愛媛県今治市上島町です。

個人的には、この上島町の島々をとても魅力的に感じているので、尾道市に入ってくれないかなぁーとか思うときもあります。笑

 

日本一レモンがとれるのは?

日本一レモンが取れるのは、広島県なんですね。

全国のレモンの62%は広島県で生産されています。その量なんと約6200トン。(農林水産省2014年データより)

ちなみに一番レモンで有名なのは生口島です。

 

レモンの島=生口島」なので、「青いレモンの島=岩城島」というPRをしているのでしょうか。

 

じゃあ何が違う?

青いレモンって何が違う?ということなんですが、レモンの質について皆さん一度でも考えたことがありますか?

良いレモンは、皮が薄くて、果肉部分が多いそうです。

露地栽培(作物を屋外の畑で栽培すること。)では、レモンの果実が雨や風にさらされてしまい、ストレスを感じた結果、種を保存しようという力がはたらき、種が多くなったり、皮が分厚くなったりするそうです。

ハウス栽培では、雨風にさらされることがないので、対照的に皮は薄く、果肉たっぷりになるそうです。

 

ちなみに、青いレモンといえども、熟れれば黄色くなります。年明けの黄色くなったレモンも、糖度が増しておいしいそうです。

 

レモンと言えば、黄色。そんなイメージがありますが、それは、輸入されたときは青かったレモンも、時間が経ってだんだんと黄色くなっていくからだそうです。

でも輸送されている間、レモンが長持ちするようにとポスト・ハーベスト農薬(収穫後にかける農薬でカビや虫がわかないようにする)が使われていることが多いのです。洗えば落ちると言われても、皮ごと食べたりするのはちょっと…。

そこで国産レモンの出番です。

国産レモンは、獲れたてがすぐに市場に出回るので、ポスト・ハーベスト農薬の使用はほとんどありません。

また、ハウス栽培は露地栽培に比べて使う農薬の量が少ないので、農薬残留が少ないそうです。(農薬残留の話については難しいので端折って、聞いた話の通りに書いています。詳しく知りたい人は農林水産省のページで勉強してください。(丸投げ))

見学させていただいた農家さんの柑橘畑の様子です。

ハウスの中で育てられたレモンは、まさに温室育ちのストレスフリーなんですが、そこがおいしさの秘密というわけですね。

もう少し大きくなれば獲りごろだそうです。

レモンは食べていませんが、同じハウスの中で育った温州みかんと、紅マドンナを食べさせてもらいました。どちらも甘くておいしかったです。

 

ランチはよし正

ランチはよし正に行きました。

民宿なんですが、レストランだけの利用もできます。

南の方にあります。

店内の様子。

レモンポークを使用しているカツ丼を注文しました。

レモンポークは、岩城島で獲れたレモンの搾りかすを食べて育った豚だそうです。そしてまたその豚の糞が肥料になるという循環が生まれていると。

カツ丼 790円

これがめちゃくちゃおいしかった。今日のことはブログに書く気が一切なかったんですが、このカツ丼を一口食べた瞬間に、ブログを書くことを決めました。

濃厚なダシのかおり、ふわふわのたまご、そしてめちゃくちゃジューシーなレモンポーク。すばらしい。

(レモンポークといえどレモン味がするわけではありません。)

そしてご飯の量もそこそこ多く、お腹いっぱいになります。

 

おわりに

僕は唐突に思い出しました。愛知県にいた頃は週2で「かつや」に通っていたことを。それほどまでにかつ丼を好きだったことを。笑

もっとも、あの時はソースかつ丼ばっかり食べてたんですけどね。そして太った

 

岩城島とか、しまなみ海道が通っていない島のことを「裏しまなみ」とか呼ばれているそうです。

僕もちょいちょい裏しまなみを散策して、発信していきたいと思います。

コメント