【電気系統いじる前のお約束!】バッテリーのマイナス端子の外し方

アルトバン

電装品をいじる際は、バッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。これぐらい別にいいだろ…とか考えもしましたが、色々な説明書にも書いてあったので、仕方なくやることにしました。

準備するもの

手袋(もしかするといらないかも。笑 念のため、感電しないように。)
10mmのスパナ
ビニールテープ(もしくは感電を防げる養生できるもの)

手順

キーを抜く

電気系統をオフにするためです。

ボンネットを開ける

アルトバンの場合は、アクセルの近くにあります。

スパナでマイナス端子のナットを緩める

赤いフタがあるほうがプラスです。大きく「+」って書いてあります。これは触りません。

スパナをボンネットの中に落とすと拾うのが面倒です。気を付けましょう。

ある程度緩めたら、外すことができます。

他のどこかに触れないように養生する

僕はビニールテープを用意するのが面倒だったので、そのへんにあった軍手を二重にかぶせました。僕はこれで大丈夫でしたが、同じことをして感電されても責任はとれません。笑

おわりに

戻すときは、そのまま逆の手順でOKです。火花が飛ぶかもしれないとどこかに書いてありましたが、今回は何もなかったです。

あ、カーオーディオの時計がリセットされるので、直すのを忘れずに。

意外と簡単にできますので、念のために電気系統をいじるときは、マイナス端子を外しておきましょうね。

コメント