【配線ゴチャゴチャになった】ETC車載機を自分でつけてみた!

アルトバン

ETC車載器も自分でつけましたが、今思えばこれはディーラーのオプションでつけてもらえば良かったと思います。
お金もあまり変わらないのに、手間がかかるし、配線もゴチャゴチャになりました。

用意するもの

・ETC車載器

amazonで5000円で買いました。一番安かったので、音声案内はないだろうなと思ってたら、「ETCカードが挿入されていません」とか喋ってくれたのでびっくりしました。

・フリータイプヒューズ電源(低背)×2

これは、ヒューズボックスから電源を取るためのモノです。これがなくても、オーディオから電源を取るという方法で、ETCの電源を確保できるということを後で知りました。なので、その方法でする人は買わなくてもいいです。(その場合、また他の道具が必要になります。)

ちなみに、オートバックスで買うと500円弱します。ネットで買いましょう。(amazonなら240円)僕はオートバックスで500円弱で買ったうえに、最初間違えて、低背タイプではなく、ミニ平型を買ってしまいました。

こいつのせいでだいぶ損したし、線もぐちゃぐちゃです。つらい。笑

皆さんは間違えないように!アルトバンのヒューズは低背型です!

・パネルはがし

もうおなじみのコイツです。

今回はこれがないとちょっとだけ難しいかもしれません。

・検電テスター

これぐらい自分で作ってやろうかと一瞬思いましたが、面倒だったのでやめました。安いので、買ってしまいましょう。

これは、ヒューズボックスのヒューズにあてて、どのヒューズが通電状態にあるかを確かめるものです。

手順

ヒューズボックスのふたを外す


まず、ヒューズボックスを探します。アルトバンのヒューズボックスは助手席のグローブボックスを外したところにあります。

グローブボックスはうまく引っ張れば外れます。見て触って確かめてください。

ヒューズボックスが見つかったら、ふたを外します。

検電テスタ―で通電状態を確かめる


ヒューズボックスにはたくさんのヒューズがあります。ここから、常に電気が流れている(常時電源)ヒューズと、
キーをまわしてONにした時だけ電気が流れる(ACC電源)ヒューズを探します。

ここで、検電テスターを使います。まず、キーをONのところに回して、検電テスターのワニ口クリップを、車の金属部分(ボルトの頭とか)にアースします。

そして、テスターの針の部分をヒューズの背中の金属部分にあて、光るものを探します。これで光るもの=常時電源またはACC電源 となりますので、いくつか場所を覚えておきます。

そのあと、キーを抜きます。先ほど光ったヒューズにテスターの針をあてます。これで光るもの=常時電源 となります。

2つの電源を確かめたら、次へ進みます。

フリータイプヒューズ電源を差し込む


ヒューズボックスから先ほど確かめたヒューズを抜きます。ペンチなどで抜けます。(力を入れすぎて壊さないように。)その抜いたヒューズを、フリータイプヒューズ電源の黒い部分に差し込みます。その後、フリータイプヒューズ電源をヒューズボックスに差し込みます。

これを2か所行います。


それを、ETCの箱に入っていた線につなぎます。

ETC車載器のアンテナをフロントガラスにはる


↑の写真の丸く束ねてある黒い線がアンテナ線です。これの先端の10円玉ぐらいの丸い部分をフロントガラスに貼ります。

位置は、ルームミラーの後ろぐらいでいいでしょう。両面テープが最初から貼ってあるので、はがして貼って終わりです。

内張をはがして、線をまわしていく

アンテナの線を、内張の中をまわして、ETC車載器までもっていきます。パネルはがしでどんどんめくってください。

ETC車載器を固定する


ETCをつけるための台座のようなものが箱に入ってます。これは裏面が両面テープになってますので、これを利用して、好きな場所につけることができます。

ディーラーでやってもらうと、おそらくこの赤丸の所に収まります。うちにワゴンRがあるのですが、ここについてます。

僕もここにつけようと思ったのですが、裏側が空洞になっていて、両面テープを貼る場所がなかったので、ちょっと工夫が必要になってくるな…と感じたのでやめました。まぁまた暇なときにでも。

ETC車載器に電源の線と、アンテナの線をつなぐ


線をつなぐんですが、ETC車載器をつける位置によっては、ヒューズボックスから遠かったりします。足元のペダル回り邪魔にならないように、結束バンドなどを使って、うまいこと配線します。

これが結構手間で、また僕の大雑把なところがでています。笑

ETC車載器をセットアップする

セットアップとは、ETC車載器に車の情報を登録することです。これをしないとETCレーンをくぐれません。これは自分ではできず、登録店に頼まないといけません

ETCをとりつけたら、セットアップしてもらいに行きましょう

僕は近所のオートバックスでやりました。2800円でした。5分ぐらいで終わりました。車検証と、免許証が必要です。

おわりに

ETC車載器 5000円
検電テスター 297円
フリータイプヒューズ電源 1500円
セットアップ料金 2800円

合計 9597円

オートバックスでETC車載器本体、取付、セットアップまで全部コミコミで10800円でやってたりするから、これって結局店に任せたほうが良かった。という話でした。

ディーラーオプションでやってもらってもそこまで高くなかったと思うので(見積額忘れた)そっちでもよかったかも。

ま、いろいろと勉強になったからよしとしますか。

コメント