【知床で安く泊まるならココ】ボンズホーム

入り口 旅行記

スケジュール的に知床に泊まりたかったので、安い宿を見つけて泊まることにしました。

ウトロに行くまでの道もついでにレポートします。

ウトロまで

ウトロという町は知床を観光する際の拠点で、宿や飲食店、港があります。

ここへ行く斜里バスというのが知床斜里駅から出ていますので、それに乗りました。

僕がたまたま乗りたい時間のバスが斜里バスの企画の「知床浪漫ふれあい号」というものに該当したので、バスガイドが付いていました。と言っても乗客は僕を含めて2人しかいませんでしたが。笑

知床浪漫ふれあい号 Aコース:http://www.sharibus.co.jp/k_roman_a.html

ワシ

途中ワシがいました。

ビート

ビート(てんさい)の畑もいっぱいありました。ビートたけしの「ビート」って「てんさい」と「天才」をかけているそうです。知らなかったです。

オシンコシンの滝

オシンコシンの滝。ずっと見ていたかったんですが、ふれあい号のAコースでは滞在時間15分ほどです。(普通の路線バスだとそもそもオシンコシンの滝で降りるということはできません。

ボンズホーム基本情報

公式HP:http://www.bonshome.com/

住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東217

ウトロ温泉バスターミナルのすぐ近くです。

ウトロ自体が結構コンパクトにまとまっているので、道の駅とかオロンコ岩とかにも歩いて行けます。

中の様子

ベッド

寝室はこんな感じで雑魚寝の部屋が3つか4つぐらいあります。

4450円と素泊まりで雑魚寝のわりには値段が張りますが、それでも知床の最安値なのでありがたいです。

掛け布団のカバーが交換していたのか正直微妙だったんですがわかりません…。清潔感はあくまでイメージの問題なので、やっぱり真っ白なシーツでシワがないというのがベストですね。

この日、僕は真ん中の布団で両隣はソロ旅おじさんだったのですが、23時に電気を消してヨーイドンで寝た結果、おじさん達は一瞬で爆睡&爆音のイビキのステレオで僕の安眠を妨げたのでした。笑

コモンルーム

共用スペースは友達の家に遊びにきたかのような空間です。まぁ実際民泊なので、そうですね。

キッチン

キッチン。コンロはありません。まぁ近くにお店もコンビニもあるので問題ないでしょう。

コインランドリー

コインランドリーと乾燥機もあります。やっぱり洗剤は自分で用意するタイプでした。笑

喫茶店

ボンズホームの一階は喫茶店になっています。

よくばりグラタン

晩御飯に「よくばりグラタン(950円)」と「ライス(150円)」をいただきました。

このグラタンには、このお店オリジナルの「知床栗じゃが芋」というジャガイモが使われており、これがまた格別の美味しさでした。ジャガイモなのに本当に栗のような香りがして甘いのです。また食べたい。

周辺情報

クルージング

ゴジラ岩観光

ウトロからは知床半島付近をクルージングする観光会社があります。僕はこのゴジラ岩観光というところでクルージングを予約していたのですが、海が荒れていて欠航になってしまいました。

9月は海が荒れやすいそうで、クルージングを楽しみたいなら、波が穏やかなシーズン(7月ごろ)を狙ったほうがいいそうです。

ペレケ川

鮭の遡上

9月は鮭の遡上が見られるレアなシーズンでもあります。

カラフトマスが川を登っているのを運よく見ることができました。

オロンコ岩

オロンコ岩

エアーズロックかのように堂々とウトロに存在している岩、それがオロンコ岩です。「ロ」は伏せ字ではありません。「おろんこ岩」です。

オロンコ岩入り口

岩に登れる階段が作られていて、上からウトロを眺めることができます。

ウトロの街並み

ウトロの街並みです。港なので船が多いですね。

オロンコ岩からの夕日

岩の上から見る夕日は最高です。

夕暮れ時で(街灯もなく日が落ちると真っ暗になる場所なので)おそらく僕がその日最後に登った人だと思うのですが、誰もいない岩の上で一人で歌を歌ってました。笑

夕日

水平線を見ていると地球が丸いということを感じます。瀬戸内では見られない景色です。

ウトロ温泉 北こぶし知床ホテル&リゾート

北こぶし温泉

めちゃくちゃ綺麗な温泉旅館です。

日帰り入浴もできます。普通は1500円とかなり高めなのですが、ボンズホームに泊まると800円で入浴できる券がもらえます。

せっかくなので行ってきました。

大浴場が8階にあるんですが、脱衣所とか綺麗すぎてちょっと引きました。笑

海を高いところから見渡しながら入るお風呂は格別です。

泉質はさらりとしていてこれというクセもないタイプです。

道の駅・知床世界遺産センター

道の駅と、世界遺産である知床についてわかるところです。割愛。

 

評価

寝床の快適性☆☆

接客態度☆☆

水回りの快適性☆☆

共同空間の快適性☆☆

オリジナリティ☆☆☆

評価項目と大まかな基準は以下
・寝床の快適性…シーツが最初から敷いてあり、まくらの硬さ、マットレスの柔らかさが良く、寝床一つ一つに鍵付きのロッカー(30Lのリュックが入るくらいの大きさ)があり、ジャケットを掛けてもシワにならない服掛けがあり、コンセントがついていて(できれば2つ)、両隣のベッドとはある程度離れていて雑音が筒抜けにならない。ここまでいって星3つ
・接客態度…笑顔で明るく元気なのに加えて、お客さん一人一人に何かしら声かけ(夕食はお済みですか?など)をしていれば星3つ
・水回りの快適性…床数に対応した洗面所、トイレ、シャワーの数があり、コインランドリーがあり、シャンプーやボディーソープの他に洗顔やティッシュ、綿棒があり、掃除が行き届いていていて星3つ
・共用空間の快適性…コモンキッチンやダイニングスペースが清潔感があり、設備が充実していて、無料のコーヒーやお茶が飲めて、ちょっとしたボードゲームなどがおいてあって星3つ
・オリジナリティ…内装がかっこよくデザインされているか、カフェやバーその他付随するお店や設備があるか、観光スポットからすぐ近くか、駅からすぐ近くか、など、そのゲストハウスを人にオススメしたくなるようなポイントがあれば星3つ
以上の項目で、星3つとは言えないが概ね満足なら星2つ、満足できなければ星1つとします。

立地という点でオリジナリティは高いです。まぁその変わり宿泊費も高いんですが、こういうところは、やってくれているだけでありがたいというものです。旅館とかだともっと高くついてしまいますからね。

グラタン美味しかったなぁ。

でも、次は北こぶしホテルに奥さん連れて泊まりに行きたいと思いました。

コメント