【サドルからお尻を守れ!】因島から今治へしまなみ海道をサイクリングしてきました

しまなみ

せっかくゴールデンウィークの晴れた日に因島にいるので、しまなみ海道をサイクリングしてみようと思い、行ってきました。写真かなりあります。

ルート

因島の土生(はぶ)港付近で知り合いから自転車を借りて出発し、今治(いまばり)駅をゴールにしました。Huawei healthというスマホのアプリで時間と距離とカロリーを測定しました。

所要時間は約6時間(うち、自転車を漕いでいた時間が4.5時間)朝8:30に出発して、14:30に到着という感じでした。

距離は、約59km(しまなみ海道の全長は尾道駅から今治駅までで大体80kmぐらいです)

消費カロリーは、1884kcal!これはカツ丼と天丼を合わせたぐらいのカロリーです。体脂肪を1g落とすのに7kcal必要らしいので、体脂肪269g分の消費です!(実際には筋肉からもエネルギーが使われていますので、それだけの脂肪がゴソっと減るわけではないでしょうが…笑)

道中で見つけたもの

道中で見つけたものを写真に収めてきました。初めて訪れた人の目線で(実際そうなんですが)、実直な感想を書いておきます。

生口島(いくちしま)


因島から生口島へ行くため、生口大橋へ向かう道中に、休憩所らしきところで、外国人の家族が大きなテントを張ってキャンプをしていました。自転車が泊めてあったので、今治か因島かどちらからか来て、途中で一泊していたのでしょう。とても楽しそうでした。


生口橋。シンプルですが、曲線が美しいですね。


歩行者と自転車は車道の横にある専用道路を通ります。


125cc未満のバイクはここで50円支払いますが、人はいません。選挙の投票箱みたいな箱に入れます。これちょうど50円持ってなかったら100円入れないといけないですね。というかこのシステム、きっちりお金を徴収する気がないですね。一応防犯カメラ設置とは書いてありますが…。いっそバイクもタダにしませんか?


橋を渡り終えると、案内図があり、どのように島を行けばいいかがわかります。大変ありがたい。


すごい立派な建物が建築中でした。誰かの家…ではないでしょう。お寺かな?


だだった広い駐車場にちょこんとお店が。この時9:30ぐらいだったので、おそらくピークがまだだったのでしょう。そう信じたい


お店の前にはレモンやミカンが。


そのまんま柑橘100%ジュース350円と、地だこ天250円が売っていました。練り物はそんなに好きじゃないんでスルーしました。たこ焼きなら買ってたかも。


店内はお土産屋さんになってます。


瀬戸田まで行くと、平山郁美美術館がありました。日本画家で、生口島出身だそうです。


瀬戸田町観光案内所です。大きなみかんの向こうに大きな黒板があります。HAPPY BIRTHDAYと書かれていました。誰でも好きに書いてもいいのかな?


すいぐん丸というお店がありました。


中はお土産とレストランです。お客は僕一人でしたが、これは時間帯のせいでしょう。きっと。


レストラン富士というお店がすいぐん丸の向かいにありました。こんな狭い島でこんな近い距離でお客を奪いあわなくてもいいんじゃないですかねぇ…。


中はこんな感じです。どこか哀愁が漂っています。ここもお客は僕だけでしたが、時間帯の(略


瀬戸田サンセットビーチという大きな建物が。レンタサイクルを借りて出発する家族とすれ違いました。いいですね。


お土産屋さん。とてもきれい。レモンケーキを食べようと思ったら、色んなお店がレモンケーキ出してて、買うのに迷って結局買うのをやめました。こんな近い距離でお客を(略


お土産屋さんの中にほんのちょっとだけこじゃれたカフェがありました。ホットコーヒー200円という良心価格。コンビニが100円コーヒーなんか出してるから効果も薄まりますが…。


お土産屋の隣にレストランがありました。一番左上のメニューがオススメなんでしょうが、「たこのペペロンチーノ」780円でした。ペペロンチーノってスパゲッティの中で一番原価安いでしょ?たこ入れても原価100円ぐらいでしょ?いや、もしかしたらすごいおいしいのかもしれません…食べてないからわからないですが…高くて注文する気にはなれません。


レストランの隣に屋外にテントを張って、海小屋がやってました。ここでもホットコーヒーが200円で飲めます。ジュースも200円です。


バーベキューしてました。いい匂いがビーチ感を演出していました。


なぞのオブジェやおもちゃが置いてありました。奥はトイレとシャワーと更衣室がありました。


この存在が面白いおっさんの人形は誰がなんのために買ったのか。しかも「仮設置で固定されていません!」という看板が隣に立っていました。どこに置くか迷っているんですかね笑


瀬戸内レモンのスティッククレープ300円。凍っています。やや溶かして食べます。味はまぁまぁです。コンビニに作らせれば250円で販売できるんじゃないかな…コンビニって偉大やな。


「人は、この島をレモンアイランドと呼びます。」と書かれた看板の前に謎の人形とおばちゃんと人だかりが。人形をよく見ると首からぶら下がっているネームプレートに『レモン配りのおばさん』と書いてある。このおばちゃんたちはサイクリストにレモンやみかんをタダで配っていました。僕ももらいました。得した気持ちになりました。子供たちがお母さんに「いつまで食べてるの!もう行くよ!」と怒られて、「だっておいしいんだもーん」と言ってたのが印象に残りました。ありがとうおばちゃん方。


橋へ続く登坂には、スポンサー企業のロゴが連なっています。しまなみ海道はこうした企業のおかげで自転車が無料だったりする…とどっかに書いてあったような気がします。(うる覚え)


生口島の人はレモン推しがすごい。その由来が書いてあります。


多々羅大橋です。生口島と大三島を結んでいます。橋の真ん中らへんで、愛媛県に突入します。生口橋の上にHを載せたような形ですね。よく似ています。

ここも歩行者と自転車は車道の横にある専用道路を通ります。

大三島(おおみしま)


案内図です。これを見たとき大三島は南東のちょびっとしか通らなくていいことが分かってうれしかったです。この島を隅々まで探検するときは、ここで一泊するぐらいのつもりで来ないといけませんね。


道の駅「多々羅しまなみ公園」からの多々羅大橋の眺めはとてもいいです。


道の駅内です。みかんいっぱい売ってます。


他にも苗やら種やら野菜やら売ってます。


しまなみ海道B級グルメ!大三島ソース焼きそば!なんて書いてあったので、思わず買ってしまいました。500円。


これがなんの特徴もないただのオムソバ。自分でも作れるレベルで、ほんとにがっかりした。お腹は膨れたけど。


道中の休憩所。コンセプトがわからない…。


大三島橋。伯方島へ行く橋です。

アーチ型で、今まであった橋とは形が違います。島と島の距離も近い。

 

伯方島(はかたじま)


は・か・た・の塩!の伯方島です。ここも大部分はスルーしていきます。


ここも因島と同じく造船業が盛んなようです。


マリンオアシスはかたです。人がすごく多かった。このころ11:40ぐらいでした。


2017西日本B-1グランプリでゴールドグランプリを受賞したという「焼き豚玉子丼」860円があるそうです。オムソバ食べてなかったら食べたかった。


店内のようす。


もう今治市なので、バリィさんがいます。


たこめしやおにぎり弁当が350円で売ってます。ありがてぇ…。


伯方の塩クリーム大福130円というものを買いました。凍っているので、ポケットに入れて解凍して食べました。これがうまい。5個は食べられる。こういうのを探してた。


屋外で食べものが売ってました。


伯方の塩ソフトクリーム…名前からしてもう美味い。食べてないけど。また夏にきたら食べるよ。


伯方・大島大橋。伯方橋と大島大橋が一体構造になってそう呼ばれているそうです。形は超シンプル。

 

大島(おおしま)


大島は西海岸を通るルートと、山の中のルートの2パターンあります。山の中はアップダウンがあるだろうから、海岸沿いを行こうと思ってたのですが、方向音痴なので、気が付けば山の中ルートに入ってました。笑


オーシャンビューで外国人がのんびりくつろいでいたのが気になり、足を止めて、写真を撮らせてもらいました。ゲストハウス &カフェ千和(ちわ)です。この建物の名前を調べようとグーグルマップで調べたら、ストリートビューに改装前の写真がありました。


↑Beforeです。きれいになりましたね。


石のカフェと書いてありましたが、残念ながら定休日でした。


みやくぼ しまのダイニングというお店が。外装は古いままですが、中はきれいなんですかね。お腹いっぱいだったので入ってないです。紙には「本日のカレー 大島産季節野菜と島ヒジキのスパイシーキーマカレーと焼きチーズのキーマカレー」と書いてありました。気になる。


来島海峡大橋が見えるここは、「よしうみいきいき館」です。


ソフトクリーム推しです。


ソフトクリームの味がいっぱいあるのは本当に困る。一度にそんなに食べられないです。


店内のようす。人がすごい。


こちらも大盛況。魚の解体ショーをしていました。


なにやら、みんな魚や貝を皿に入れています。


ここで七輪BBQするようです。


そりゃおいしいわな。大人数で行きたいですね。


ここで、また伯方の塩のどら焼きを購入。どら一(どらいち)150円。なんと夏はおいしく作れないために、5月15日から9月末まで製造しないらしいです。なんという職人魂。


これがうまい。どら焼きの中にクリーム入ってる系好きです。こういうのは冷蔵が多いのですが、これは常温です。常温どら焼きでは一番好きかもしれない。


来島海峡大橋へさしかかります。ジェットコースターの上がるときみたいな道を行きます。ここはテンションがあがる。


長いよ来島海峡大橋。


しまなみ海道のそれぞれの橋について、ここで知ることができます。知りたければここまでチャリで行きましょう。


橋の上から。島と海のパノラマビューの中に大きな船が通っていく光景は素晴らしい。日本はあちこち旅をしていますが、いままで見たことないような類の景色でした。

今治(いまばり)


そして今治駅へ到着。思ってたより都会。


ネットで調べたら駅の近くに温泉があるということで、実はこれをゴールに決めていました。喜助の湯。


入口がおしゃれ。お風呂の中の浮世絵が好きです。入浴料700円(曜日、時間により異なる)。


2、3階は、有料スペースで、寝られるようになっています。寝てもう一回しまなみ海道を行くのもありですね。


詳しくはWEBで。


コインランドリーまであります。痒い所に手が届く!


大量の漫画のある休憩スペース。ここでワンピースの最新刊を読んで、今治港の船の時間になるまで待ちました。


今治港。おしゃれすぎない?


カフェやレストラン、キッチンスタジオ、FMラジオに授乳室まで!至れり尽くせり!


シャワーもついてます。でも誰が使う用?


17:20発土生港行きの高速船へ乗ります。土生港まで1750円+自転車570円


フェリーではありません。土生港までのフェリーはありませんが、他の島行きのフェリーはあります。強風で運航中止になってましたけど。


中はこんな感じです。気を抜くと船酔いします。18:35土生港着。お疲れさまでした。

 

まとめ

自転車ってダイエットに良さそうです。ジョギングは途中でしんどくなって止まってしまいますが、サイクリングは息が上がるなんて坂道以外ではありませんからね。MY自転車が欲しくなりました。

あととにかくお尻が痛いので、立ちこぎなり、押して歩くなりでお尻を守って進むことをオススメします。自転車好きな人ってお尻めっちゃ強いんやろうな~。

自転車をひたすら漕ぎ続けて、必死になってしまなみ海道を制覇するのもいいのですが、一つひとつの島を隅々まで楽しみながら行くというのも良いと思います。社会人はそんなに時間とれませんが、学生なら可能です!せっかく遠方からきたら、それぞれの島のゲストハウスなんかに泊まって、色々見てください。

僕は因島にいます。寄ってもらえればお茶くらい出しますよ~。

コメント