【え、ついてなかったの?】アルトバンにシガーソケットをつけました

アルトバン
DCIM100GOPROGOPR0186.JPG

アルトバンにはシガーソケット(正式名称:アクセサリーソケット)がありません。5AGS車にはあるようですが、MTにはありません。

というわけで、つけましょう。あると便利ですからね。

準備するもの

純正シガーライター

↑僕はこれを買いました。
シガーライターとありますが、ソケットにライターが刺さった状態で売ってます。タバコ吸わないので、ライターはいらないんですが、、純正で、ピタっとハマるのでこれにしとくのが無難です。

パネルはがし


エーモン パネルはがし 黄色樹脂製・2本組 全長約150mm・幅約15mm 厚さ5mm 1498

↑僕はこれを買いました。正直今回の作業程度ならなんでもいいです。傷つかない程度の硬さの平べったい棒を用意してください。

手順

シガーソケットを組み立てる



↑の写真のような状態で届くので、二つを組み立てます。

バッテリーのマイナス端子を外す

詳しくはこちら参照してください。

【電気系統いじる前のお約束!】バッテリーのマイナス端子の外し方
電装品をいじる際は、バッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。これぐらい別にいいだろ…とか考えもしましたが、色々な説明書にも書いてあったので、仕方なくやることにしました。準備するもの・手袋(もしかするといらないかも。笑 念のため、感電し

3、内装のキャップを外す


↑パネルはがしなどを使って、てこの原理で外しましょう。

4、穴の奥にあるコネクタを取り出します。


L字型になってる黒いプラスチックがあります。それをつかみます。ただ、線がギリギリの長さになっているので、
キャップのあった穴から出そうとすると、ギリギリ出ません。これが地味に嫌です。

5、コネクタにシガーソケットを接続する


右手にコネクタ、左手にシガーソケットを持ち、接続します。L字型に合わせて接続するだけなので、間違いようがありません。

6、穴にさしこんで完成


あとは、しかるべき位置に差し込むだけです。

7、バッテリーを元に戻して、確認

バッテリーを戻して、キーを回したら、シガーソケットを押し込んでみましょう。数秒後に「ポンッ」と出っ張ってきます。それを抜いて、ライターが熱くなっているのを確認できたら、作業完了です!

おわりに

無かったら無かったで不便なシガーソケット。たった1,231円で簡単に取り付けられるなら取り付けるしかないでしょ!アルトバンを買った人は、これだけでも自分でやってみていただきたい。

コメント